浜松市で辛い症状を根本的に改善する鍼灸院は遠州力丸鍼療所へ!

遠州力丸鍼療所


お灸について

馴染みが薄い施術方法

現代において「お灸」は鍼以上に馴染みが薄い施術方法で何をやるのか?どういう時にやるものなのか?皆様にとってボヤ~としていると思います。

 
灸師という立派な国家資格で当然簡単に取れて誰でもやれる!というものではありません。
しかしながら技術的な難しさは勿論の事、手間や道具、様々な準備を考慮すると免許を持っているにも関わらず「お灸」を治療法として選択しない治療家も多勢います。

IMG_6952[1].jpg
看板に鍼灸院と書いてあってもお灸をやらない、やれない治療院は少なくありません。
そういう事情もあって皆様に於いては触れる機会が少なくて縁の無いものになり、得体の知れない治療法になっているのです。
 

身体を活性化させるのが目的

基本的な効果効能は鍼の説明と一緒になりますが、大きな違いは当然ながらそこに熱が加わる事です。皆様が持つお灸の唯一のイメージは「熱そう!」だと思います。
お灸は基本的には熱い物ではありません。しかしながら熱を加えて身体を活性化させるのが目的なので、最後の最後はチクッとした小さな熱さは感じます。それを感じる事で、初めて治療の効果が得られるのです。

80歳前後の年配者は昔のお灸を受けていた方達もいるので背中に丸い火傷痕がある方もいます。昔のお灸はわざと火傷するほど熱いお灸にひたすら耐えて悪い組織を一度リセットさせるという方法でした。

つまり、わざと火傷させて身体が修復する作用を利用した治療法だったのです。現代では勿論そこまでのお灸はやらないし、やれば裁判沙汰になってしまいます。
熱の刺激は効くギリギリ、感覚は不快を与えないギリギリでコントロールして施術致します。
 

箇所によっては温かくて気持ち良いと感じる場合もあります。

当院では主に膝にミズが溜まった時は最も効力を発揮するので強くお勧め致します。
注射で抜く治療は一瞬で改善しますが関節というデリケートな箇所に注射針を刺すリスクと再発もし易いという事を考えると最もやって欲しく無い対処と考えております。

お灸での治療の場合は刺激した所から血流を良くして体に吸収させる方法になります。注射の様に一瞬で小さくはなりませんが、三回程の治療でほぼほぼ元通りになり、再発もしにくくなるメリットがあります。
他には冷え性の方の手足に施術したり、不妊症の腰周りやねん挫などの外傷時も当院では選択する事があります。この様に非常に効果の高い治療ですので、是非一度お試し下さい!

遠州力丸鍼療所のご案内

住      所:
〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台5丁目26-1
アクセス:
お車でお越しの方は駐車場4台完備!
バス停『蜆塚遺跡西』下車のち徒歩20秒
お問い合わせ・ご予約
053-440-1209
受付時間:
午前 9:00~12:00
午後 15:00~20:00
定休日:
水曜終日、土曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ